家の模型

トーシンパートナーズで収益GET~マンション経営を成功させよう~

物件を収入源にする

インテリア

長期の間、住まいを留守にする人にとって気になってくるのが住宅の管理です。どうしても、人が住んでいない物件だと管理が難しく、室内の環境などがどのようになってしまうのかと危惧する人も少なくありません。ただ、リロケーションを活用することにより物件の管理などがしやすくなります。リロケーションは、留守にしている間物件を契約期間中貸し出すことです。このため、方法を活用することにより物件の管理をその入居者やリロケーション会社に任せることができます。それだけではなく、あくまでリロケーションは人に貸すわけですから、家賃収入を得ることができるのです。家賃の設定額は物件の状況や入居者との交渉次第により変わってきますが、使っていない物件を収入源として効果的に活用できるわけです。

ただ、リロケーションをするということは入居者の審査や問い合わせにも対応しないといけなくなります。出張などを行う人によっては、すぐにそんな対応はできないと考えることもあるでしょう。ただ、リロケーション会社に依頼すればそのような作業の代行も行ってくれます。入居者からの問い合わせやクレーム対応だけではなく、物件の宣伝や管理なども行ってくれます。庭の手入れなどを行ってくれるリロケーション会社もあるため、どこまで代行してくれるのか確かめておくことが大切です。リロケーションを行う際は、リロケーション会社が必要になってくることも少なくありません。家賃保証の制度などをよく確かめておくことが大切です。

Copyright© 2016 トーシンパートナーズで収益GET~マンション経営を成功させよう~ All Rights Reserved.